相続した不動産の売却について

相続した不動産が相続登記まえであれば、相続登記が必要です。

まず、土地は相続登記することになります。

建物ですが、まだ築20年以内で建物価値がある場合は相続登記をします。

古家で買い手も建物を解体して更地渡しを希望するような場合は、建物の相続登記をしない方がよいです。登記費用が無駄になります。

将来的に解体して建物滅失の登記は亡くなられた方の所有権の名義のまま出来ますので様子を見てから判断しましょう。

共有名義で相続した不動産は、共有者全員で売ってその売却代金を持分の割合に分

ける事になります。他の共有者が売りたくなくて、自分の持分だけ売りたい場合は、自分以外の相続人に持分を買ってもらえれば一番簡単です。買ってもらえない場合は、持分として第3者で買いたい方はまずいませんので、共有者全員と話し合い自分の持ち分を分筆して売ることになります。実際には建物は切れませんから土地のみの場合に限られます。そして分筆線がどこになるか測量士に依頼することになります。

分筆の仕方によっては売れない土地になってしまうこともありますので、分筆前にご相談ください。一連のすべての状況を見て得策を考えましょう。

 

 

 

不動産売りたい方専用 

(社)愛知県宅地建物取引業協会会員
愛知県知事(4)第18220号
有限会社フロントフィールド
愛知県名古屋市北区辻町三丁目12番地3
TEL 052-991-1783

任意売却のことなら 不動産売りたい方専用の不動産業者の愛知県名古屋市発!不動産で悩んでいる方にも、やむを得ず売られる方も、あなたの次への幸せ創り支援します。まずは悩みを私にぶつけてください。最悪の中でもあなたに合った少しでも有利な方法教えます。
任意売却専門店 不動産売りたい方専用の不動産屋さん 相続による売却、住み替え買い替えも勿論OK

まずは、お電話下さい!

( 052-991-1783