2013年

5月

27日

仲介手数料は用意しなくてもいいのです。

自宅の任意売却及び所有不動産の任意売却に必要な諸費用について

 

任意売却も普通の不動産売却と同じ費用がかかります。

 

通常の場合もそうですが、ほとんどの場合は不動産の売却価格の中から

売却に関する諸費用を支払いします。

 

任意売却の場合は借入金の残債が物件価格よりも多いことが大半です。

ですから、あらかじめ債権者と交渉して売却に係る必要な費用として

承諾してもらうことになります。

よって、自前で最低限の必要費用は用意しなくてもよいことになります。

この中に仲介手数料も入ります。

 

必要費用として認めてもらえる費用

  • 売渡し費用                 司法書士
  • 抵当権又は根抵当権抹消費用         司法書士
  • 仲介手数料                 当社(不動産業者)
  • マンションの管理費・修繕積立金        マンション管理組合

交渉によって認めてもらえる費用

  • 差押え登記分の固定資産税等・住民税等      市町村
  • 差押登記のある無担保債務          無担保債権者
  • 引越し費用                 本人
  • 測量費用                  測量士・土地家屋調査士

認めてもらえない費用

  • 差押えのない固定資産税等
  • マンションの区分所有権のない駐車場
  • 水道料金

 

不明な点はお気がるにお尋ね下さいね。

 

名古屋市の任意売却の得意な不動産業者

   有限会社フロントフィールド

   電話 052-991-1783

0 コメント

任意売却のことなら 不動産売りたい方専用の不動産業者の愛知県名古屋市発!不動産で悩んでいる方にも、やむを得ず売られる方も、あなたの次への幸せ創り支援します。まずは悩みを私にぶつけてください。最悪の中でもあなたに合った少しでも有利な方法教えます。
任意売却専門店 不動産売りたい方専用の不動産屋さん 相続による売却、住み替え買い替えも勿論OK

まずは、お電話下さい!

( 052-991-1783